ベース:DIの種類 — 新宿区大久保の音楽教室|Lake House(レイクハウス)

東京/新宿区大久保にある音楽教室レイクハウス・ミュージックスクールです。ボーカル・ギター・ピアノ・サックス・バイオリン・ベース・ドラムのレッスンを行っています!無料体験レッスン実施中です!

ベース:DIの種類

2016/12/28

ベース講師 左野です。

 

前回( http://lakehouse.co.jp/2016/07/09/3512/  )の続きで、、、
〜DIの種類〜
☆パッシブタイプ
トランス(変圧器・変成器)を内蔵してあるのみのシンプル設計。電源いらずなのでどこでも使える優れもの。その分、入力インピーダンスをアクティブタイプのように高くできないので低インピーダンスの楽器(Gu,Ba等)での使用には注意が必要。
☆アクティブタイプ
現在の主流はこちら。
作動させるのに9v電池やファンタム電源が必要なタイプ。
電気駆動なので安定した動作やブランド事の機能がいろいろと。
・ファンタム電源→
DIやコンデンサーマイクを駆動させる為の電源。微弱な電流を由来としてファンタム(オバケ)電源と呼ばれる。
9v,24v,48vの電源で48vが一般的。
ライブハウス等で「ファンタムいりますかー?」と聞かれたら「電源はいりますか?」という意味。
☆プリアンプ内蔵タイプ
アクティブタイプをより積極的に音作り出来るようにしたタイプ。
プリアンプにDIが付いてるモノと
DIにプリアンプが付いてるモノは
似ているようで異なる気が…
〜定番DI〜
○AVALON DESIGN/ U5
プリアンプ内蔵タイプの代表。
ベーシストなら誰もが一度は憧れる定番DI。CDで誰もが一度は聴いたことがあるのでは?と思わせるくらいの定番&レジェンド機材。通すだけで音が力強く!
○RADIAL / J48
原音忠実なアクティブタイプの代表。
DIは一種のプリアンプという事に直視し製作されたというDI。原音忠実なほんの少しの絶妙な味付けが素晴らしい。
BlueNoteTokyo等で使用されるプロユース。
○COUNTRY MAN /TYPE 85
こちらも定番DI。
アクティブタイプですがファンタム電源のみではなく電池駆動が出来る強み。分離感があり引き締まった低音。使用すると定番になった意味がわかるはず。
○BOSS / DI-1
ライブハウスで見かける率がとても高い定番of定番DI。何処にでもある。なんでも通せる。電源でも電池でも。誰がも一度は使う。そんなDI。
○SansAmp /BASS DRIVER DI
○MXR / M-80
プリアンプエフェクターでDI内蔵の定番。プリアンプにDIが付いてるというエフェクター。エフェクターとしてはよく見かけるがDIとしての利用は少ないかも?
〜まとめ〜
DIはベーシストにとってはとても重要な相棒。いろいろと試して自分に合うものを選びましょう!!